2018年07月22日

酸素バーの効用

酸素バーのついて、もっと専門的に知りたいって方へ。

酸素バーについて、もっと詳しく説明してみますね〜


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の記述によると、


酸素バーとは、酸素を利用者に吸引させる装置を備えた施設のことをいいいます。

日本では1980年代末期によく知られるようになりましたが、
原型となるビジネスモデルは1970年代から存在しているそうです。

主にガソリンスタンドの休憩室、健康ランド・スーパー銭湯・フィットネスクラブの休憩・飲食スペースに設けられていて、1回あたり100円〜200円程度の料金を支払うことによって、10分間程度吸引用の酸素が与えられます。

利用者は備え付けの機材に付いているマスクを鼻に近づけ、マスクから放出される酸素をゆっくりとした呼吸で吸引していきます。

主な作用として、疲労や集中力の回復、眠気の除去に効果的といわれています。



また、施設によっては芳香剤で酸素に香りづけしてアロマセラピー効果を謳うところもあります。




芳香剤として精油(「天然オイル」などとも)を用いる場合がありますが、アメリカ食品医薬品局は油分の肺への吸入はリポイド肺炎の原因やアレルゲンとなる可能性があるとしており、こういう場合は注意が必要であるといわれています。


利用に際しては、いっさいの火気を近づけてはいけません。
ゆるやかに燃焼するタバコでさえ、通常の空気に比べ多量の酸素が含まれる環境では、激しく燃焼する危険性が高いのです。

利用者本人がタバコを消すのはもちろんのこと、周囲においても火気厳禁です。


近年では家庭用酸素濃縮器が電気店で市販されるようになり、自宅でも気軽に酸素吸入が行えるようになっています。


正しい使い方をすれば、健康回復や美容に効果があるといわれています。


酸素バーは、一般的にも、かなり認識されてきています。

酸素バーのただしい使い方を、しっかり、確認して、利用すれば、かなり、効果的ですよね。

日本に入ったのは、もう、30年以上も前だったとは、驚きです。

医療的などでは、使われていたんでしょうけれど、一般のお店で、自由に、ドリンクを飲む感覚で、サービスが行われるようになったのは、最近ということなんでしょうね。

リラクゼーション効果、健康、美容効果が、期待できる、一般用に使える機材などが、開発されてきているんですよね。

簡単で、手軽に購入できる価格で、家庭用も、できると、嬉しいですね〜〜


posted by sanpo at 04:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酸素バー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。